• 083月

    海に浮かんでリフレクソロジー、タラソテラピーとは何かとうことを考えるにあたって、まずタラソテラピーとは何かを説明すると、海と言う意味のタラソという言葉と治療という意味を現す言葉を合わせのがタラソテラピーという言葉です。タラソは海という意味があり、テラピーは治療するという意味を現しています。


     つまりタラソテラピーとは海の恵みを利用して治療を行うという意味になります。最近ではエステなどでも、海泥を使って全身のパックをしているところもあります。これは海泥に含まれるミネラル分を美容の目的で使っていることになりますが、本来は海泥だけでなく、海藻や海水そのものを利用して行われる自然療法という目的で始まったものです。


     リフレクソロジーという言葉は反射療法とも呼ばれ、足裏マッサージのように疲労回復を目的とした療法です。タラソテラピーの本来の療法として海水に含まれるミネラル分を海水に浸かることで皮膚から体内に吸収させ代謝を活性化させながら本来の機能を回復させるというような治療法であり、そうすることでリフレクソロジー効果があるということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>