• 076月

    ダイエットしてもっと自分をきれいに見せたい、と思う気持ちは男女を問わず今も昔も変わらない永遠のテーマです。痩せるためには、運動をすることや食事や生活習慣を見直すなどさまざまな方法がありますが、どちらにしても「健康的に痩せる」ことがとても大切です。

     

    運動には酸素により脂肪燃焼を行う有酸素運動と、筋細胞内に蓄えられていたグリコーゲンを消費する無酸素運動の2種類があり、痩せるためには体にかかる負荷が少ない有酸素運動が向いていると言われています。簡単な有酸素運動の代表としてはウオーキングやジョギングなどが挙げられますが、最低でも20分以上連続して行うとその効果が高まります。厚生労働省が提供する健康情報サイトにも、メインのエネルギー源がグリコーゲンから脂肪に切り替わるには運動を開始してから20分以上が必要とあり、会話を楽しめる程度が理想的な負荷と言われてるので、ゆっくりとしたペースで長く続けることが大きなポイントです。

     

    食事と生活習慣を見直して痩せる場合は、何かを極端に減らすのではなく、バランスよくしっかりとした食事で栄養を摂りながら、正しいカロリーコントロールをすることが大切です。バランスのよい食事の基本とは、タンパク質とビタミン、ミネラルをしっかりと摂ることです。タンパク質に含まれるアミノ酸が不足するとエネルギー代謝のサイクルが乱れ、カロリーを控えていても脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。

     

    ビタミンとミネラルは、摂取したタンパク質から筋肉を作るときに必要な成分なので、これらのことを意識したメニュー作りが必要です。また、サラダなどの野菜類から食べ始めると血糖値の上昇を緩やかにすることができるので、体脂肪の蓄積を防ぐことに繋がります。食事は1日に3回、なるべく決まった時間に摂るように心がけることや、間食を止めるなどの生活習慣を見直すことも重要です。健康的に痩せるためには、この運動と食事、生活習慣の見直しを併せて行うとより効果的です。

    Permalink Filed under: ダイエット 健康的に痩せる方法とは はコメントを受け付けていません
  • 073月

    セルライトは女性の太ももやお尻、お腹などに生じるデコボコした皮膚の状態です。
    セルライトには4つの種類があります。
    女性に多いのが脂肪型セルライトで、運動不足や食生活の乱れによって脂肪が増えて生じます。
    脂肪が増えると血液やリンパ液の流れを阻害します。

     
    脂肪細胞の中に老廃物が蓄積して膨張すると、セルライトになっていきます。
    全体の約5割が脂肪型で、ダイエットによって解消することが可能です。
    日本女性はむくみで悩んでいる人が多いですが、体がむくみやすい人に多いのがむくみ型セルライトです。
    脂肪の周辺に水分や老廃物がたまると生じやすくなります。

     
    むくんでいる部位を丁寧にマッサージすると改善することが可能です。
    脂肪細胞の周りにコラーゲン繊維が沈着して出てくるタイプや急激に筋力が低下したことで生じる筋肉質型もあります。
    筋肉質型は除去するのが難しいため、エステやクリニックなどに通って改善する人も多いです。
    医学的には通常の脂肪とセルライトとの違いはないです。

     
    セルライトは脂肪なので痩せることで目立たなくなりますが、内臓の脂肪に比べると皮下脂肪は燃焼しにくいので人によっては改善するのに時間がかかることもあります。
    クリニックで人気がある施術がキャビテーションです。
    キャビテーションは脂肪細胞だけに作用する超音波を使った施術方法です。
    特殊な超音波をあてると脂肪細胞膜が破壊されるので脂肪細胞を減らすことができます。

     
    脂肪細胞膜が破壊されると中にあった脂肪は外へ溶け出します。
    溶け出した脂肪は血液などを通じて体外へと排出されていくので、その結果痩せることができます。
    キャビテーションは脂肪の数を減らすことができリバウンドも少ないというメリットがあります。
    薬剤を使わないので体にも負担がかからず安心して施術を受けることができます。

     
    軽いセルライトであれば、適度な運動とバランスの取れた食事で改善することも可能です。
    ウォーキングなどの有酸素運動は脂肪を燃焼させて筋肉をつけることができるので、メリハリのついた体になれます。

    Permalink Filed under: ダイエット セルライトを撃退して痩せるには はコメントを受け付けていません
  • 0712月

    一向に衰える気配のないダイエットブームですが、体重はすぐに落ちても、お腹だけは痩せないという人は多いのではないでしょうか。実はお腹だけが痩せにくいのには「姿勢」が大きく影響していると言われています。お腹だけが痩せない人の多くは猫背であることが多く、上半身が前に傾いて背骨が曲がってしまうとインナーマッスルが衰えやすくなってしまい、お腹周辺に脂肪が付きやすくなります。

     

    そのことに加えて、衰えたインナーマッスルでは内蔵を正しい位置にキープすることができなくなり、下がってしまった内臓でお腹が出ているように見えてしまうのです。猫背になる人の割合は数年前から激増しており、その原因は長時間のスマートフォンやパソコンなどが大きく影響しています。そのため、お腹まわりが痩せるには猫背を改善することが必要で、スマートフォンなどを使用するときは背筋を伸ばして操作して、衰えたインナーマッスルを鍛えることが重要です。

     

    正しい姿勢は少し顎を引いて、天井から頭の先引っ張られていることをイメージすると簡単です。また、お腹周りの肉が指でつまめるような場合は皮下脂肪が多く付きすぎていることも考えられます。皮下脂肪は一度付いてしまうとなかなか落ちにくいことが特徴で、消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多かったり、偏った食生活で運動不足である場合に付きやすくなります。皮下脂肪を落とすには正しくバランスの良い食事と、ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動を欠かすことはできません。

     

    ただし、有酸素運動でもスタートした時点ではグリコーゲンから消費が始まるため、脂肪が燃焼を開始する20分後まで運動を継続して行う必要があります。運動する習慣が無い場合は20分間の運動というとハードルが高そうに感じてしまいがちですが、高さ10センチ程度の台を用意してテレビを見ながら踏み台昇降運動をしたり、いつもより1つ前の駅で下車して家まで歩くなどでも有酸素運動としては十分です。

    Permalink Filed under: ダイエット 痩せにくいお腹まわりが痩せる方法 はコメントを受け付けていません
  • 079月

    夏の季節に向けて本格的にダイエットを初めて、スリムな体形を取り戻したいと思っている女性は少なくありません。しかし夏の季節が近づいている場合、急に無理なダイエットをしても体に負担がかかるだけで、少し落ちた体重もすぐにリバウンドをしてしまうなど、効果を得ることが出来ない恐れがあります。
    ダイエットは数週間~一ヶ月で痩せることが出来ることはまずありません。特に普段運動を一切してこなかった方がいきなり運動をしても、体の落ちてしまった筋肉の影響で体重が増えることはあっても、スムーズに落とすことは難しいのです。
    そのためまずは三ヶ月で痩せる方法として、自分でも続けることが出来る手軽に始められる室内トレーニングや、天気の良い日などには外でウォーキングをたっぷり行うなど、無理のない運動と食事制限を行うことが基本となります。自宅で行える運動としては、テレビを見ながら出来る踏み台昇降やヨガトレーニングがおすすめで、どちらも場所をとらずに手軽に行えるので、育児をされていてお子さんが目を離すことが出来ないという方も安心です。
    またある程度年齢を重ねている方は、若い頃に比べて体内の基礎代謝力が低下している恐れがあります。これは体内の酵素成分の量に比例して代謝力が変化していくため、代謝が落ちている時に無理に運動や食事制限をしても上手く体重を落としていくことは出来ません。そこで不足している酵素成分を補う方法としておすすめなのが、酵素ドリンクやサプリメントを利用する方法です。
    酵素を取り入れた美容食品は、普段野菜や果物から摂取している酵素成分をより濃縮にして配合しているので、食事だけでは不足してしまう美容成分も全て手軽に摂取することが出来るメリットがあります。特に酵素ドリンクに関しては、普段食べている食事一食分に置き換える『置き換えダイエット』を行えば、必要な栄養素は補給しつつもカロリー制限が手軽に行えるので、女性に人気が高くなっています。

    Permalink Filed under: ダイエット 初心者にもおすすめな三ヶ月で痩せる方法 はコメントを受け付けていません