• 076月

    ダイエットしてもっと自分をきれいに見せたい、と思う気持ちは男女を問わず今も昔も変わらない永遠のテーマです。痩せるためには、運動をすることや食事や生活習慣を見直すなどさまざまな方法がありますが、どちらにしても「健康的に痩せる」ことがとても大切です。

     

    運動には酸素により脂肪燃焼を行う有酸素運動と、筋細胞内に蓄えられていたグリコーゲンを消費する無酸素運動の2種類があり、痩せるためには体にかかる負荷が少ない有酸素運動が向いていると言われています。簡単な有酸素運動の代表としてはウオーキングやジョギングなどが挙げられますが、最低でも20分以上連続して行うとその効果が高まります。厚生労働省が提供する健康情報サイトにも、メインのエネルギー源がグリコーゲンから脂肪に切り替わるには運動を開始してから20分以上が必要とあり、会話を楽しめる程度が理想的な負荷と言われてるので、ゆっくりとしたペースで長く続けることが大きなポイントです。

     

    食事と生活習慣を見直して痩せる場合は、何かを極端に減らすのではなく、バランスよくしっかりとした食事で栄養を摂りながら、正しいカロリーコントロールをすることが大切です。バランスのよい食事の基本とは、タンパク質とビタミン、ミネラルをしっかりと摂ることです。タンパク質に含まれるアミノ酸が不足するとエネルギー代謝のサイクルが乱れ、カロリーを控えていても脂肪として蓄積されやすくなってしまいます。

     

    ビタミンとミネラルは、摂取したタンパク質から筋肉を作るときに必要な成分なので、これらのことを意識したメニュー作りが必要です。また、サラダなどの野菜類から食べ始めると血糖値の上昇を緩やかにすることができるので、体脂肪の蓄積を防ぐことに繋がります。食事は1日に3回、なるべく決まった時間に摂るように心がけることや、間食を止めるなどの生活習慣を見直すことも重要です。健康的に痩せるためには、この運動と食事、生活習慣の見直しを併せて行うとより効果的です。

    Permalink Filed under: ダイエット
    コメントは受け付けていません。

Comments are closed.