• 222月

    エステに興味がある女性なら、一度はキャビテーションという言葉を聞いたことがあるに違いありません。これは痩身エステで行う施術の一種で、液体に圧力をかけることで気泡と消滅の原理を応用した方法になります。
    人間の身体は血管が張り巡らされており、血管の中を血液が循環しているのは確かであり、血液は液体です。それに圧力をかけることで循環を促し、老廃物を流れやすくすることでセルライトを除去することができます。

    また肥満の原因になる脂肪も塊になっていますので、それに圧をかけることでも気泡が発生し、消滅を繰り返す流れになります。キャビテーションによる圧をかける方法は、高周波の振動を脂肪細胞に与えることで活性化を促し、自然と老廃物の除去をもたらします。

    キャビテーションの意味は空洞現象と訳されることが多いですが、洞窟のように固い岩盤を打ち壊して中に入れるような空洞を作り出すように、人間の身体の脂肪の塊に対して行うことです。エステのキャビテーションの方法は、専用の機器を身体の痩せたい部位に当てる形で行っていきます。

    機器を当てる形になりますので、痛みをほとんど感じることなく、しかも当てた部分が温かさを感じるケースが多いです。それは脂肪細胞が振動し、その摩擦によって熱が生じているためで、この熱を生じさせることが重要になります。

    熱が生じると汗が出たり、脂肪の燃焼が行われ新陳代謝が行われていると判断することが可能です。なおキャビテーションを行うのはエステで行うのがおすすめになり、その理由は施術する方が今までの経験に基づきながら施術を行ってくれるからとなります。

    キャビテーションの機器の取り扱いは難しい資格は必要がありませんが、施術を行い痩身させた実績が重要になる世界です。お腹を始め、ヒップ・背中・足などの部位に対して行いますが、それぞれの部位にコツがあります。
    もっとも施術後には体が温まった状態にあるのは確かですので、ウォーキングなどの有酸素運動を行うことでより効果を高める工夫も必要不可欠です。

    Permalink Filed under: キャビテーション
    痩身エステでよく施術されるキャビテーションの方法を解説 はコメントを受け付けていません

Comments are closed.