• 224月

    エステサロンでも導入されているメニューの中で、セルライト対策が出来るもので人気なのがキャビテーションやハイフです。どちらも多くのエステサロンで導入されている傾向がありますし、エンダモロジーと組み合わせていくことでさらに相乗効果が得られるという点でもお勧めです。

    なんとなくセルライトに効果が有るというのは分かっていても、例えばキャビテーションとハイフはどう違うのかといわれてもいまいちわからないという方は多いかもしれません。結論から言いますと、セルライトなどの脂肪に効果があり熱で燃焼させることが出来るという点では同じです。しかしここで大きな違いは、キャビテーションは比較的広範囲で浅いところまでに作用するというのが有りますが、ハイフはピンポイントでより深いところまで作用するというのがあります。

    広い範囲でこのあたりのラインを整えていきたいという時には、キャビテーションの方が時間もかからず効果が得られるかもしれませんが、とにかくここのセルライトをどうにかしたいという時には、ハイフの方が深いところまでピンポイントで作用しますのでお勧めです。ピンポイントでというところをみても、ハイフの方が威力としては強力と考えて良いでしょう。切らない脂肪吸引といわれているのも納得出来るかもしれません。

    キャビテーションにしてもハイフにしても、痛みや熱さというのはほとんど感じることがなくじんわりと温かいとう使用感ですので、初めての方でも心配することはありません。美容外科クリニックで行われている脂肪吸引は効果も大きいですが、そのぶん痛みやダウンタイムが長いという点ではデメリットも有りますし、勿論高額な費用が掛かるという点でもこの2つに比べてもネックとなる事もあるでしょう。

    メリットが沢山あるメニューですし、セルライトを軟らかくもみほぐすことが出来るエンダモロジーと組み合わせていく事でさらに効果が高まりますのでお勧めです。

    Permalink Filed under: キャビテーション
    キャビテーションとハイフには違いがあるの? はコメントを受け付けていません

Comments are closed.