• 072月

    痩身エステで行われる施術としてキャビテーションという手法が注目を集めています。興味があるけれど具体的にどういうものなのか分からないという人もいるでしょう。多くの人におすすめできる施術ですが、具体的な効果や対象となる部位などを理解してから受けるかどうか検討しましょう。キャビテーションという言葉自体は美容の分野に特化したものではなく、むしろ物理の分野などでよく用いられるものです。空洞現象という意味であり、液体に圧力を加えることで気泡が生じることや消滅する現象を指します。
    この物理現象が痩身を実現するために効果的に作用するというわけです。気泡は消える際にはじけるのですが、そのときに発生する衝撃を利用して脂肪に影響を及ぼす仕組みになっています。流れとしては、体内の細胞に超音波を照射して脂肪を溶かすという順序になります。その際に気泡が消滅し、これによって生み出される力が脂肪を破壊するのです。破壊された脂肪は体外に出ていきやすくなります。
    脂肪が体外に出るところだけに注目すると、脂肪吸引と似ていると思う人もいるでしょう。たしかにそうですが、こちらの方法は外科手術の要素が少なくて、メスなどを使う必要がありません。そのため、痛みを感じにくいことも特徴となっています。体への負担が小さいほうが良いと考えている人にもおすすめの方法です。即効性を期待できるので、施術の効果がすぐに分かるほうが良いという人も検討してみると良いでしょう。また、ダイエットの後にすぐにリバウンドしてしまう場合も試してみる価値があります。リバウンドの大きな原因は脂肪の細胞自体は減っていないことです。キャビテーションであれば、脂肪そのものが少なくなるのでリバウンドのリスクをかなり抑えられます。また、むくみやすくて困っている人も恩恵が大きい場合が多いです。むくみを解消することにより、セルライトが増えるのを防ぎやすくなります。
    また、おすすめの部位もあるので覚えておきましょう。ポイントになるのはやはり脂肪の多さです。たくさん脂肪がついているほど、その部分が痩せるのを実感できる可能性が高くなります。そのため、お腹周りは対象として考えやすい部位です。ウエストを引き締めたいという要望を効率的に叶えられる見込みがあります。脂肪でたるんだ太もももキャビテーションの対象としてぴったりです。むくみが目立ちやすい場所であることも理由となっています。見落としがちですが、背中も脂肪がつきやすいので注意しなければなりません。姿勢が悪い人はそのリスクが高いので、施術を受けるとすっきりするケースがよくあります。さらに、ヒップや二の腕などの太さが気になっている場合も改善できる可能性があります。脂肪のつきやすさには個人差があるので、他の部位も対象として相応しい場合もあるでしょう。よく分からない場合は事前にカウンセリングを受けて、効果がありそうか確認しておくのが得策です。

    Permalink Filed under: キャビテーション
    コメントは受け付けていません。

Comments are closed.